ボーダーコリー

ワンコだって歯が命!ツナ氏歯磨き大作戦

更新日:

動物にとって、歯はとても大事なもの。健康な歯をどれだけ維持できるかが、何歳まで生きられるかにも密接にか関わってきます。

ツナ氏も健康的に長生きしていただくため、トゥースケアに励む毎日です。

当然ですが、ワンちゃんにとって歯を触られるのも、ましてやブラシで擦られるのも楽しいことではありません(多分)。

ツナ氏もまだまだハブラシは練習中。

しかし今は歯ブラシに限らず、いろいろなトゥースケアグッズも出ています。

そこで、我が家でもお世話になっている歯磨きグッズと、歯ブラシの慣らし練習の様子をまとめました。

これが正解というわけではありませんが、ワンちゃんの歯磨きライフの参考になれば幸いです。

歯磨き水やジェルを使う

大きく口を開けて、全部の歯をきれいに磨かせてくれればいいですが、なかなかそうもいきません。

なので、ツナ氏の日常の歯のお手入れは歯磨き水を併用しています。

我が家で使っているのはこちら。

KPSのマウスクリーナーゼロ。

水に混ぜて飲んでもらうことで、歯の汚れ、歯垢や歯石が付くのを防いでくれる優れもの。

ツナ氏はほとんど歯石が付いたことが無いので伝聞になるのですが、付いてしまった歯石もいつの間にかポロッと取れるのだそう。と、愛犬もご使用中というペットショップの店長さんおすすめの一品です。

歯が生え変わってから使い始めていますが(だいたい去勢手術の時に歯石除去もするので、それ以降で十分ですよ~という店長さんのアドバイスでした)、2歳になる今も歯石は無し。口臭も気になりません。

ただ、こちらは特約店限定販売品なので、近くのお店で扱っていないと入手が難しくなります。

同じKPSから出ているマウスクリーナーで通販で手に入るものもあるので、気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

バニラミント味などフレーバーのついたものもありますし、ワンちゃんに合うか不安な方は、おためし用ミニボトルもあります。

ちなみに水をお皿からバシャバシャと飲むことで、口をゆすぐような効果も得られるそうです。

舐めて水を飲むドリンクホルダーを使っている場合も、食後にはお皿で水をあげるといいかもしれませんね。

飲む、舐める系のケア用品は多く、口に留まりやすいジェルタイプも人気が高いようです。

こちらは指にとって舐めさせたり、シートに塗って使ってもOKなジェルタイプ。

フードに混ぜてもいいそうですが、うちのツナ氏はズゴゴゴー!とマッハで食べるので、あまり留まってくれなさそうな気もします。

正直ジェルが良いのか水が良いのか、メーカーはどこがいいのか、その辺は「ワンちゃんによる」と私は考えます。匂いの好みも違えば、食べ方、飲み方の癖によって効果の出やすさも違うでしょう。

人間だって歯磨き粉の好みはわかれるし、マウスウォッシュが苦手な人もいるわけです。「水は含むように飲んでね!」と言ったところで犬が聞いてくれるわけでもありません。

まず、愛犬が好んで口に入れられるか。そしてしばらく使ってみて、うちの子に効果は表れるのか。愛犬にとって「合う」ものを見つけるまでが一番大変かもしれません。

歯磨きシートを使う

歯の「面」をキレイにするのに、シートはとても効率がいいです。

歯磨き代わりにすすめられることもありますが、個人的には歯ブラシと併用してもいいのではないかなと勝手に思っています。

歯磨きシートで面を磨き、歯ブラシで溝や隙間を磨く。そして仕上げに歯磨き水…というのが我が家の目指すトゥースケアということになります。

シートと歯ブラシを併用することで、苦手な歯ブラシの時間を短くすることができるので、練習中の今は特に重宝しております。

指に巻きつけて使うので、指さえ入れば(簡易的ですが)磨くことができます。歯の裏側や、奥歯の後ろ側などブラシを入れるのが大変なところにも便利ですね。

犬歯なんかは円錐形なので、面に限って言えばブラシよりもシートの方が汚れが落ちそうです。

他の指でなでながら、歯磨きシートの指を横から差し込む感じで入れています。

さすがに一本指を槍のように突き出して「差し込むぞー!」と真正面からやろうとすると嫌がります。私だって歯医者さんにそんなことされたら嫌です。

手を添えて、ある程度はしっかり押さえてキュッキュッと拭くのがよさそうでした。逆におっかなびっくりチョッ、チョン、とやるとイラッとするのがツナ氏。

触るならちゃんと触らんかい!ってことなんでしょうかね。

歯磨きガムの効果は?

我が家では歯磨きガムは使用していません。

歯磨きガムには多くの種類があり、「どうやって歯をきれいにするのか」というアプローチ方法にも種類があります。

繊維が歯の汚れをかきおとすもの、よく噛むことで唾液の分泌を促し、口の中をキレイにするもの、クロロフィルなどオーラルケアに効果があると思われる成分が配合されているもの、などなど。

また、ガムは最終的に食べ切るものなので、カロリーや栄養、消化能力も考慮する必要があります。

我が家は表面の汚れを歯ブラシとシートで落とし、皿で水を飲むことで口の中を洗い流す。そして歯磨き水で汚れの付着を防止する。ロープを噛んで唾液の分泌を促す。と考えています。

ツナ氏は牛革のおやつなどもマッハで食べきってしまうので、ガムを長い時間噛んでもらうのは難しいだろうというのも使っていない理由です。

もちろん、ガムがライフスタイルに合うワンちゃんもいるでしょう。ドライフードかウェットフードか手作り食か、おやつには何をよく食べるかなど、歯にどんな汚れが付きやすいかでも変わってくると思います。

大切なことは「歯磨きの代わりにガムで解決!」ではなく、何をどんな目的であげるのかを明確にしておくということではないでしょうか。

歯磨きの練習は無理せず地道に

さて、いよいよ歯磨き練習です。我が家が心掛けたのは、無理せず地道にゆっくりと。

歯磨きを見た瞬間にクレートに立て籠もり、お互いに苦労しながらなんとか磨くというような事態だけは避けなくてはいけません。

朝1/3、昼1/3、夜1/3でもいい。とにかく少しでも磨かせてもらう。そんな気持ちで練習を始めました。

※ここでまとめたのは、あくまで我が家とツナ氏の練習風景です。

ワンちゃんによってはあごに触られるだけで唸ったり、嫌がったりということもあると思います。

参考になれば嬉しいですが、これが正解ということではありませんので、強要や無理をせず、ワンちゃんに合った方法やペースを探してみてください。

・手にあごを乗せてもらう

コマンド「あご」。これが顔まわりのお手入れにはとても便利です。お手の代わりにあご。さすりながら「あご」と言ってたら覚えてくれました。

まゆ毛やひげのカット、目やに掃除、顔拭きなど…顔を抑えられることにも慣れてくれるので、普段からナデナデついでにコマンド化しておくのがいいかなと思います。

・指を入れるのに慣れる

「あご」の状態から、こっそり指を口にプスッと差し込みます。

反対の手でなでなで…からの

むにっ。

最初は「おっとうっかり入っちゃったぜ^^」ばりに偶然を装い差し込みました(笑)。通じているかは不明ですが…

口元をもにょもにょ動かされることや、口の中に指が入っても気にならなくなるといいかなと思います。

指が入っても平気なようになったら、指に歯磨きシートを巻いて、また少しずつ入れるのに慣れてもらいます。

・歯ブラシに慣れる

ブラシ部分があたるのはやはり嫌そうなので、まずは歯ブラシ自体が口の近くにあることから慣らすことにしました。

・歯ブラシを持ったまま、アゴを乗せる。

・歯ブラシを握ったまま、指を入れる(歯ブラシは入れない)

・歯ブラシの背の部分(ツルツルのところだけ)をあてる

・歯ブラシの横の部分をあてる

ブラシの先が当たらないように指でガードして

よいしょ。(最初は「ちょ!?」みたいな顔されました)

・ブラシ部分をあてる(動かさない)

・ブラシを少しだけ動かす

歯を「シャカッ…」と少しこするまでに、ここまで段階を踏みました。

とくに、ブラシの背の部分をあてる所(初めて歯ブラシを口の中に入れる所)と、ブラシ部分をあてる所は時間をかけました。

「慣れる」とは?

ところで、よく目にする「慣らす」とはどの程度のことを言うのでしょうか?

人によって解釈は違うでしょうが、私は「嫌がらない」「ビクッとしない」といった点を目安にしています。

歯ブラシをあてた時に、「うおっ!?」みたいな様子が残っているなら、翌日も先には進まずに、その段階を繰り返します。

0が始まりで、10が慣れた(完璧)だったとします。

1ができたら2、2ができたら3、3ができなかったら翌日も3…ではありません。

1ができたら、1が3日連続で問題なくなるまで。次に2ができたら、2が3日連続できるまで。3ができなかったら、2に戻ってまた3日できるまで。もし2も嫌になってたら1を3日…くらいのじっくり具合です。

歯磨きに限らず、ブラッシングや手足のタオル拭きなど、嫌がるものを慣らしていくときはゆっくり少しずつ進めます。

「もう嫌だ!歯ブラシは二度と見たくない!」と一度思われると、後が面倒だからです。

歯ブラシも、ブラッシングも、タオルも、すぐにできないと命にかかわることではありません。

数年後に「あぁ、はいはい…」と思ってくれる時が来れば御の字、くらいの気持ちでのんびりやるくらいが、お互いにストレスが無いかと思います。

ワンちゃんに合わせた歯のケアを

入れ歯や差し歯ができない動物にとって、まさに「歯は命」です。

歯磨き水、シート、歯ブラシ、歯磨きガム、デンタルトイ…今や犬の歯のケアには、多くの手段が揃っています。

私は、急いで歯ブラシを完ぺきにするだけがトゥースケアではないと思っています。(もちろんできれば最高なのですが)

3秒しか歯ブラシに耐えられなくても、一日に3回、毎回違う場所を磨ければ、何日かですべての歯を磨くこともできるでしょう。

前歯のブラッシングが苦手なら、できるようになるまでそこだけはシートで拭くのも手です。

今できること、これからできそうなこと、やるのが難しいこと、代わりにできること…

いろいろな工夫をしながら、健康な歯を長く守っていってください!

\おすすめ/

-ボーダーコリー
-, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© mjd! , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.